九州脊梁山脈トレイルラン(熊本県山都町)

大会時期 毎年10月第2日曜日かな?第3回は9月第4週でした!
コース 清流館会場をスタート 小川岳向坂山三方山周回し会場にゴール
距離 35q トレイル率高いコース 
タイム 優勝者は3時間10分台  制限タイム関門2箇所有り 
定員 200名(第3回は250名) 申し込み先着順
特徴・対策 10月の大会です。コースは一応整備されてますが、基本は険しい登山道。
天候・気温によっても寒いと感じる時もあるし暑い時もあると思います。
服装はその日の条件で変えるのも良いと思います。
エイドステーションは2箇所。
約9キロ地点の向坂山と約28キロ地点の林道。
水・ポカリが給水でき、ハイドレにも給水しやすいようにしてくれてます。
水最低1Lの携行が義務付けられてます。
スタートから小川岳まで約9キロは登り。向坂山までは小刻みな
アップダウン。向坂山スキー場の登りはキツイ。ここは100%歩きです。
三方山まで下り基調のアップダウン。三方山からゴールまで下り基調。
なんで、前半の登りを上手に進めば、三方山から残り15キロは
下り基調でなんとか走りきれます。
登山道は狭いですが、距離が長いので、追い抜き等気になりません。
トレイルのほとんどは一般登山道です。倒木が多いのも特徴です。
小川岳向坂山三方山の縦走路はフツウにハイキングでも
とても気持ち良い自然林豊かなコースです。
コースの要所に係員誘導してくれますので、コース見失う事は
ほとんど無いと思います。
終盤のロードに入る植林の山道とロードから最後のトレイルに再度入る
31キロくらいのトレイルコースは、ちょっと道が不明瞭箇所ありです。
要注意。
九州の本格的トレイルランのレースです。
下りに強いトレランシューズは強い味方です。
雑記 前夜祭があります。(参加必須のようです。)
前夜祭は競技説明のほか福田六花さんのライブなど、余興もあります。
食べ物も出ます。お酒もでますが、皆レース前だからガンガンとはいきません。
天唐さんだけガンガン呑んでましたが・・・。
ゴール後はすぐお風呂に入ってすっきりできます。
前夜祭の受付で参加賞をもらいますので、
ゴール後は記録証をもらいます。
制限タイムは第一エイドSで4時間ですので、足きり者は
ほとんどいないと思います。
第2回大会から前夜祭が緑仙峡会場でしたので、
ほとんどの方が緑仙峡周辺に泊まります。
スタートが7時と早いので、ちょっとキツイです。
大会サイト
第3回大会レポートはこちら!

競技用地図


スタート直後は
約4キロ舗装道路
倒木もたくさん。
越えたり、くぐったり。
向坂山のエイドS。
この登りがキツイ!
第2エイドS。
ここから、ゴールまで
ロード主体です。


RESULTS OF ME
2008年 第1回大会 5時間01分34秒 大会直前に風邪で寝込む。病み上がり死ぬ程キツいレースに。
2009年 第2回大会 4時間25分20秒 昨年の経験を活かし、コース攻略。30分以上短縮には大満足
2010年 第3回大会 4時間24分59秒 手術後、初レース!怪我無く完走。でも、タイムが伸びない・・・・。


inserted by FC2 system