小雨降る 阿蘇・鷲ヶ峰北稜ルート

2010年1月

1月というのに、雪はほとんど無い阿蘇の関門
登山開始したら冷たい小雨が・・・・。
今日はひまわり(PIROCO)さんと一緒だから無理はしません。
ガリー詰めてた頃から小雨が止んできた!

赤壁前についた。
壁は濡れてるが風も止んでる。
行けそうだ!

手順打ち合わせして、スタート!
ガスで、ピッチ間の上下が見えないので、慎重に息を合わせながらすすめる。
手袋して登攀。靴は冬靴からスニーカーに履き替える。
スニーカーはすべったな〜。沢靴の方が良かった感じです。

ところで、3ピッチ目の終了点だけど、ハンガ−が2つ並んである、せまい所で切るのが良いか
その先、少し上がって(5mくらい?)平行ピンある広い所で取ったらよいか?
今回は上の広い所でとったよ。でも、ジグザグに登ってるからダブルでも
ロープがひっかかって重くて、たどり着くのに苦労したよ。
なんで、狭いけど、途中の所で、短く刻んで行くのが良いかな〜と思います。


4ぴっち、問題なく
鷲ヶ峰 山頂!!!


って、何にも見えんやん・・・。
懸垂下降も下が見えないとちょっと怖いかな?
ナイフリッジも滑るので、
ほとんどスタカットきって行きました。

残念ながら最後までガスの中でしたが、下が見えない分、恐怖感も少なくて良かったのかな?
A0もゴボウもしないで、フリーにこだわって完登とはひまわり(PIROCO)さんお見事でした。

inserted by FC2 system